プログラミング勉強

プログラミング学習に暗記は必要ない。

どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺはまだプログラミング勉強して200数日って感じです。

8ヶ月ぐらいですねっていうと結構多そうですけど月に直すとそんなもんなんですね。

まあそれはともかくとして勉強していて思ったのは

  • プログラミングに暗記は必要ない

 

ということかなと。

コード暗記する必要はない

勉強していればそれなりに自分でコードを書く作業はします。

この際に暗記しようと思ってコードを書いていたかというと、実はそうでもなかったりしてます。

まだ勉強の最中なので偉そうなことはいえないんですけど、コードを暗記しようと思って、例えばprogateやドットインストールを何周も何周もするのは勉強のやり方としてはちょっと違うように感じました。

コード暗記するよりググり力が大事

勉強するときは、コードの意味というか最初に見たこともないようなコードが出てきたら、実際に自分でコードを打ち動作を確認してみます。

こういう動作ができるんだなとか、そういう動作もできるんだとか、凄いざっくり覚えまして、次に進むという感じです。

何十行も何百行もコードを覚えるのは大変です。

ぱぺまぺは結構忘れやすいんで200日ぐらいプログラミング勉強してますけど結構何回も忘れちゃうんですね。

この前書いたことだよな・・・

このコードの意味何だっけ?とか・・・

JavaScript勉強してから今度違う言語勉強すると、あれ;(セミコロン)いるんだっけ?

とか、そのぐらいのことも忘れちゃいます。

プログラミング向いてないなと思うとかそんなのは1mmもなくて、とりあえず分かんなかったら目の前にあるパソコン使って調べます。

例えば、「○○(調べたい単語) エラー 意味」とかそんな感じで調べます。

とりあえず動作を暗記しようとは思わずに、まずコード書いてこのコードでこういう動作があるんだなぁくらいの認識で進めておきます

何かメモ帳とか別のものにメモしといてもいいんですけどね。

コード内にコメントを残しておくとか 。

メモしたのがあればそれを見直してみたり、なければ自分でググって調べる、という感じですね。

そんな感じで、

  1. コードを覚える
  2. コード忘れる
  3. コード調べる
  4. それを繰り返す

 

一見ムダなことしているようにみえますけど、そのうち記憶に定着します。

何回も何回も繰り返し繰り返し勉強するんですね。

ここまで読んでくださりありがとうございました。