異業種からのエンジニア転職が不安しかない件

どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺはエンジニアへの転職を目指しているのですが、なんというか、不安しかありません。

完全異業種からの転職は、過去に1回だけですね。

やっぱりその時思うのは、

  • 今まで前の職場で使っていたスキルが活かされない
  • まるっきり環境が違う
  • 違う環境先でやっていけるか

まあ、これはエンジニアに限らず、ほかの職種でもそうですよね。

環境を変えるのは不安なのは当たり前

異業種から異業種に一回だけあるといっても特に勉強というものをして行ったわけではないんですよね。

なんというか、こういってはなんですが、だれでもできるみたいな仕事です。

エンジニアの場合は、まあだれでもできるかというと、それなりに勉強は必要なわけで、逆にいえば、勉強すればだれでもできるような、そんな感じなのかなと。

いちおうは、Web エンジニアになるべく勉強はしていますがマジで実務を経験していないので、はたしてこの勉強がほんとうに役に立つのかどうかとか実感していないんですよね。

ポートフォリオ等も作成していないし。

転職先で必要となるスキルを磨いて不安を低減

ポートフォリオとは

もしも、ある程度どこの企業に勤めたい、というのがわかっているのならば、そこで求められるスキルを今からでも磨いておきましょう。

少しでも不安を和らげるために。

 

求人サイトでも企業の公式サイトでもいいのですが、そこに求人情報がのっていると思います。

そこで、

  • 求めている人材
  • 求めているスキル、言語

 

とかそういった記述がされているので、それが自分に足りなければ勉強すればいいいわけです。

例えば、Web系エンジニアの職を目指しているのに、サーバーサイドエンジニアを募集している会社を選ぶとか、事前調査しないとそういう間違いが起きてしまいますからね。

 

それを目標にできれば、勉強するにしても方向性が見えてきます。

まったくの無作為よりはそのほうがいいでしょ?

 

スキルの幅を持たせて自分を安心させる

 

ぱぺまぺは、いちおうはWebエンジニアを目指しています。

それと相性がよさそうなWordPressの勉強もついでにしています。

 

勉強といっても、ようはオリジナルのテーマ作成とかですね。

 

まだチュートリアルの段階ですが当面はとりあえず超カンタンなやつでもいいから作成してみようかと。

 

そして、あわよくばという感じでWeb デザインの方もかじる程度ですがやっています。

まだ基礎中の基礎ですけど。

 

ぱぺまぺはエンジニア職の実務経験がないので、何か自分の強みというかそういうのを見せないとダメなのかな、と思うんですよね・・・。

 

そこで、ぱぺまぺなりに考えたのは、

  • ポートフォリオを作成
  • Web系エンジニアに必須な言語の学習
  • サイドスキルとして、wordpress、webデザインなど。

 

エンジニアとしての転職が失敗したとしても、⬆のスキルは残りますので、最悪でも自分の力で稼いで食べていくことも不可能ではないです。

容易ではないでしょうが。

不安は不安なんですが、とはいえこうやってがむしゃらに勉強していれば、そして実際に行動にまでいくことができれば、未来を変えていけると信じています。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

  1. プログラミングアウトプット

    今日の小さなアウトプット

    今日の小さなアウトプット プログラミング学習ログ1-5
  2. プログラミング勉強

    未経験・異業種からのプログラミング勉強法
  3. 未分類

    プログラミングスキルゼロならprogateからはじめる
  4. プログラミング勉強

    プログラミング勉強時間の確保法
  5. コードを書く

    未分類

    プログラミング学習は、手を動かして実践です。
PAGE TOP