なりたいものによって学習順序が違う

どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは、Web制作、、もしくはフロントエンドエンジニア職を目指して今現在勉強中です。

今日1日勉強することとかやることとか、基本的に前もって予定を決めておいた方が悩む時間がなくなっていいかなと思ってやっています。

ただ、なりたいもの(ぱぺまぺだったらweb制作orフロントエンドエンジニア)によって学習するプログラミング言語も優先順位をつけるべきでした。

 

優先順位をつけてプログラミング言語を学習する

 

コーダーにしろ、フロントエンドエンジニアにしろ、アピールすべき部分が違ってくるので当然ながらプログラミング言語も学習する順番も優先順位も変わってくると思うんですね。

メンターさんから聞いたお話ですが、、、。

あくまでも学習順序の一例ですが、⬇をどうぞ。

 

コーダーの場合の学習順序

  1. html
  2. css
  3. javascript(jQuery)
  4. Sass
  5. デザイン

 

フロントエンドエンジニアの場合の学習順序

  1. javascript
  2. Jsのフレームワークのどれか
  3. Git
  4. html
  5. css
  6. TypeScript
  7. Sass
  8. バックエンド系言語

 

Javascript系のフレームワークは例えばVue.js、React、Angular、などがあります。

ぱぺまぺは、今のところvue.jsを学習しています。

 

フロント系でもバックエンド系でも使われるGitは必須ツールです。

なので、こちらも重要です。

 

参考までに、Bootstrapは業務であまり使用しないらしい

 

メンターさんの話によれば、転職の際には実はbootstrapはあまり有効でないというか、ちょっとしたら副業系では使えるかもしれませんが転職の際に有効になった話はあまり聞かないとのことでした。

 

Webデザイナーやバックエンドエンジニアだとまた学習するものもその順番も違ってきますが、ぱぺまぺは今のところ⬆の2つどちらかなのでとりあえずはそちらを。

今までこの辺の順番までは意識しないで勉強していたので、今からでも気づいてよかったです。

HTMLやCSSから始めた方がいいのかな、という感じでしたがフロントではそれよりもjavaScriptの方が重要みたいですね。

 

多分ある程度予備知識があっての話なんでしょうが。

まるっきり初心者の人がいきなりJavaScript からというのは少々厳しいかもしれません。

 

ちなみに⬆であげた順番というのもあくまで目安なので、人によっては違うものになるでしょう。

バックエンドエンジニアを目指すのであればさらに違う言語も追加されてしかも順番も変わってくるでしょうし。

 

というわけで、なりたいもののそれによって言語の学習順番は考えたほうがいいですね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

  1. 今日の小さなアウトプット

    今日のちいさなアウトプット プログラミング学習ログ76~80日目
  2. プログラミングアウトプット

    今日の小さなアウトプット

    今日の小さなアウトプット6  簡単な表組
  3. ポートフォリオ

    今日の小さなアウトプット

    今日のちいさなアウトプット プログラミング学習ログ41~45日目
  4. 未分類

    プログラミングスキルゼロならprogateからはじめる
  5. プログラミング勉強

    Progateとローカル環境平行プログラミング勉強法
PAGE TOP